講習会・セミナーに参加したい

幼児安全法

乳児の心肺蘇生法
骨折の手当
幼児の心肺蘇生・AEDによる除細動


  こどもに起こりやすい事故の予防救命手当応急手当の方法病気への対応を中心とした講習です。
  こどもを事故から守り、安全で健康に生活できるように知識と技術を学んでいただくための講習で、1歳から学齢前までの幼児を中心とした講習です。
  講習には支援員養成講習と短期講習があります。


講習種類

(1)支援員養成講習(12時間)
  • 赤十字幼児安全法について
  • こどもに起こりやすい事故の予防と手当について
  • 気道異物除去、頭のけが、傷の手当、鼻血、熱傷、熱中症など
  • こどもの病気と看病の仕方について
  • 発熱、下痢、嘔吐、熱性けいれんなど
  • 災害時の乳幼児支援

※全課程を受講され修了検定を受けて合格した方に対しては、幼児安全法支援員認定証を交付します。
※講習は満15歳以上であれば受講できます。
※受講人員は1回15〜30人を標準とします。


(2)短期講習(1.5〜2時間)

地域・学校・職場等からの要望に応えて、支援員養成講習の中から項目を絞って講習します。


●お申し込み、お問合せ先は日本赤十字社宮崎県支部 事業推進課
  • トップページ
  • ページの先頭へ