トップページ > 活動資金に協力したい > 香典返し・遺贈等によるご協力

活動資金に協力したい

香典返し・遺贈等によるご協力

近年、「自分が亡くなった後、これまで築いた財産の一部を赤十字に寄付したい」といったご相談や、大切な方を亡くされたご遺族から、「故人の遺産を社会のために役立ててほしい」というお申し出を多くいただいております。
日本赤十字社では、このような尊いご意思に応えるために、遺言によるご寄付(遺贈)、相続財産等のご寄付を承っております。


遺贈による寄付 遺言により、自分の財産を特定の個人や団体に分けることを「遺贈」といいます。
この遺言による相続は、民法が定めている法定相続の規定よりも優先され、遺言書の内容により、遺産の受取人やその内容を指定することができます。 この方法により、財産の全部もしくは一部の受取人として日本赤十字社を指定することができます。
日本赤十字社に遺贈いただいた財産は、相続税の課税対象になりません。
相続財産の寄付 ご遺族の方が相続された財産を相続税の申告期限内(相続開始があったことを知った日の翌日から10か月以内)に日本赤十字社に寄付した場合、ご寄付いただいた財産には相続税がかかりません(税制上の優遇措置が適用されます)。
適用には、相続税の申告期限内に日本赤十字社が発行する「相続財産の寄付に関する証明書」を添付する必要がございますので、担当者までお問い合わせください。
香典返しによる寄付 「香典返し」としてご会葬者様に一般的な品物を送る代わりに、相当する金額を社会のために寄付される方が増えています。お香典をご寄付いただいた場合には、ご希望によりお礼状を用意させていただきます。
ご会葬者様への発送および送料のご負担は、お申込者様にてお願いいたします。

ご案内パンフレットはこちら

  • トップページ
  • ページの先頭へ